マタニティファッションとは、妊娠した女性が出産までに着用する期間限定のファッションのことです。子供の成長に従って驚くほど大きくなるおなかでも着ることができて、さらにそれを上手にカバーしてくれるようにデザインされています。代表的なものにマタニティデニムがあります。ウエスト部分が伸縮性のゴムになっていて締め付けが少なく、またおなかが大きくなっても長く着られるという利点があります。シルエットもボーイフレンド、ストレート、スキニー、ブーツカットと豊富で、スカートやキュロットなどバリエーションも揃っているので、妊娠前と同じようなカジュアルファッションを楽しむことができるのも利点です。有名なデニムブランドや、マタニティファッションブランドなどさまざまなところから発売されています。また、ワンピースやチュニックも人気があります。

おなかまわりの締め付けがゆるいので、妊婦でもリラックスして着ることができますし、おなかが目立たないようにデザインされているのも安心です。レギンスやタイツも、マタニティ用の締め付けのゆるい、安心できる素材のものがありますので、そういったインナーを活用する妊婦も多いです。また、最近はわざわざマタニティ用の洋服を購入しなくても、手持ちの洋服で妊娠期を乗り切ることもできます。例えば、やわらかい素材のロングワンピースでしたら、おなかが大きくなって多少丈が短くなっても着られるし、布が伸びても苦しくなることもなく、着用できます。ワンピースでもチュニックとして着用し、ボトムを合わせれば問題ありません。ただ、妊娠期は体質が変化し、それまでは平気だったニット類の刺激が苦手になる妊婦もいるので、そういった意味でも素材に配慮されたマタニティ用のアイテムは安心です。また、妊娠期だけではなくて、出産後も続けて着用できるように授乳しやすさに配慮された洋服も発売されています。胸元を開けやすいようになっていたり、洗濯しやすい素材だったりさまざまな工夫がなされています。出産してもすぐに元の体型に戻れるわけではないので、しばらくはそれを着用してゆっくりと体型を戻すのもいいでしょう。

妊娠は多くの女性にとって幸せなことですが、目まぐるしく変化する自分の体と付き合うことは、少なからずストレスを感じることもあります。そういった妊婦にとって、機能性、デザイン性ともに進化し続けるマタニティアイテムはとても頼りになる存在です。

Leave your Comment

*