一般的に、妊娠5カ月になって安定期に入ると、お腹が少しずつ目立ってくるものです。このあたりから、マタニティインナーやマタニティウェアを使うことを考え始める方も多いのではないかと思います。また、安産祈願のお参りに行き、妊婦帯を付け始めるのもこの頃です。妊婦帯は、赤ちゃんが入っているお腹を守るための腹巻のようなもので、腹帯、マタニティガードルとも呼ばれています。実はこれは日本独特の風習であり、欧米でも、お隣の韓国や中国でもそういった風習はないのだそうです。では、どうして日本では妊婦帯をつけるのでしょうか。今はデザインや形状も豊富ですが、昔は一枚のさらし帯をお腹にしっかりときつく巻いて赤ちゃんを守っていました。そうすることで、お腹の赤ちゃんが必要以上に大きくなりすぎず、また赤ちゃんの位置を固定することができると考えられていたようです。

赤ちゃんが大きくなりすぎると難産になると考えられていました。今は、赤ちゃんを大きくしないために妊婦帯をするという考え方はしなくなりましたが、若い妊婦の間でも、妊婦帯を使うことでお腹を冷えから守る、腰痛防止になる等の理由から日本では使われ続けています。一方で、最近の妊婦の中では、妊婦帯を使わない人も出てきました。妊婦帯否定派としては、わずらわしい、締め付けられて苦しい、使っても意味がないと思う、といった意見があるようです。海外でも使われていないものなので、必ず使わなければいけないというものでもありません。しかし、実際に使用してみると、固定されたお腹は歩くのが楽だったり、反り返らなくても良いので腰に負担がかからなくなったりします。使っている方が楽だと感じることもあるので、ひとそれぞれではありますが、一度使ってみることをお勧めします。最近の妊婦帯は、腹巻のように一枚の筒状の布になっているものや、マタニティガードルのようにお腹まで支えられるショートパンツのような形になっているものもあり、昔に比べると簡単に装着できるようになりました。サイズも豊富にあるので、自分に合ったものを選ぶことができます。

身体の大きさや身長もそうですが、お腹の出方や大きさにはかなり個人差があります。7か月で既に臨月のようだと言われる方もいます。それぞれでサイズが異なり、あまり小さすぎると締め付けられてみぞおちが苦しかったり、吐き気を催したりということもあるので、自分のお腹のサイズにあったものを選ぶようにするとよいでしょう。せっかくのマタニティライフですから、自分とお腹の赤ちゃんが快適に過ごせるように、日々の暮らしが楽になれるものを見つけられるとよいと思います。

Leave your Comment

*