妊娠期は、体が大きく変化するのでマタニティ用服がかかせません。人にもよりますが平均7~10キロほど増えると言われ、もちろん全身に均等に増える訳ではありません。そのため、妊娠用の服、マタニティ服が必要となります。大体、4~5か月くらいでだんだんお腹が目立ちはじめ、今まで使用していた服はきつくなってきます。人によっては、肌がかぶれたりする方もいたり、体の変化が目立ってきます。まず、購入しなければならないのは、下着類でしょう。胸も大きくなりますし、ワイヤーがあるはきつく感じるためワイヤーなしのゆったりしたものがおすすめです。ショーツもいわゆるデカパンみたいなお腹をすっぽり包み込めるタイプのものになります。お腹もカバーできますし、何より苦しくありません。自分の体に合わない下着は、苦しいし体型をゆがませる原因になるのは妊娠期のことだけではありませんよね。

後は、マタニティ用のストッキングまたは、タイツも購入したほうがいいでしょう。妊婦は足元を冷やすのは厳禁だからです。夏場は、暑くてなかなか難しいですが、それでも足元の冷えは大敵です。普通のストッキングやタイツと違い、お腹まわりがゆったりしていて締め付け感はありません。また、妊婦はむくみやすいので、むくみ防止に着圧タイプもあったりと、最近のマタニティ服市場は色々あり、可愛い柄物もあったりと進化しています。何かとナーバスになりやすい妊娠期。可愛いマタニティ服を探して着るのも気分転換になるかもしれません。トップスは、ゆったりしたニットやカーデガンなど新しく買わずに着まわしている方もいます。最近は、お腹まわりがあまり目立たないようなニットやシフォンのブラウスなど色々ありますので、産後も着れるようなものを選ぶもの一つの手だと思います。しかし、ボトムは、そういう訳にはいきません。お腹まわりがゴムになっているマタニティ用のを買った方がいいでしょう。ワンピースなどで過ごすこともできますが、1、2枚揃えておくと着回しが出来て着こなしが広がります。もちろん買わずに、友人や知人に譲ってもらうのもよいでしょう。

大体同じくらいの背丈であれば問題ないと思います。妊娠期の少ししか使わないものですから、少しでも賢くそろえるのも良いと思います。女性は、ファションひとつでも気分が変わります。特に妊娠期は、精神的に不安定になりやすい時期でもありますので、自分のためにも色々選びたいものです。

Leave your Comment