ホルモンバランスや体調、心の変化も大きい妊娠期間。体調も乱れがちになるこの時期に少しでも快適にすごせるようなマタニティウェアを選らんでみてはいかがでしょうか。長いようで短い10ヶ月という妊娠生活を楽しくすごしましょう。大きくなってゆくお腹をカバーし、冷えから守ってくれるマタニティウェアについて紹介します。マタニティウェアとは、妊婦さんの体の変化に対応できるようにさまざまな工夫がされたウェアのことです。大きなお腹でも楽に着れて、体への負担も少なく、冷えを防いでくれるなどの機能がついています。また、デザインも一昔前とは異なり、ファッション性が高く、種類も豊富です。流行を取り入れつつも、お腹があまり目立たない妊娠初期から妊娠後期まで楽しめるように配慮されています。大きくなっていくお腹にあわせて、どういったものを選んでいけばよいのでしょうか。

まずは、サイズがあったものを選ぶのがポイントです。そして、綿やパイルなどの肌に優しい素材を選ぶことです。妊娠期間中は肌が敏感になっているので刺激の少ない素材を選ぶようにしましょう。自分にあったサイズとやさしい素材のウェアを選べば、動きやすくで実用的になりおしゃれにきまります。マタニティウェアの中には出産後でも着ることのできるものもあります。インナーやカーディガンなどの上着です。妊婦用ウェアはサイズの変わりやすいバストとお腹まわりはゆとりを持たせ、変化の少ない肩幅や袖幅、腕の部分などは普通服サイズとほぼ同じように仕上げているものがほとんどです。変わらない部分はほっそりと見せて、変わる部分はゆったりとカバー。なので、授乳期間中でも使いやすいものが多いのです。妊娠初期から授乳期まで長く使えるデザインの上着を選ぶと便利でしょう。また、男性用のウェアを着るという方法もあります。男性用のウェアを女性が着ると全体的にゆったりとしており、お腹まわりやバストの締め付け感を心配する必要がなくなります。男性用のウェアであれば、一定期間のみ着るマタニティウェアとは異なり、長く着ることもできます。経済面でも役に立つのではないでしょうか。

ホームウェアはパパのTシャツを着る、などの工夫をしてみるのも妊娠生活ならではの楽しみになります。たくさんの種類の中がら自分にあったウェアを選ぶのはたやすいことではありません。しっかりと選んで、マタニティ生活を楽しんですごしていきましょう。

Leave your Comment

*